ボランティア活動
院長ブログ
過去の診療日記&訓練手帳
東播磨獣医師会
フェイスブックページ

ペットと皆様のより良い関係づくりを応援!

加古川のグリーンピース動物病院は、ペットの健やかで安心な生活づくりを通じて ペットと皆様のより良い関係づくりを応援します!
病気や怪我で苦しむ動物への診療はもちろんのこと
愛しいペットが病気にかかるかもしれない・・・と不安に感じる飼い主様に対しても 予防方法や病気の正しい知識をお伝えする事で心のケアにも努めています。
「あれ?いつもと違うかも?」と思ったらお気軽にご来院下さい。

グリーンピース動物病院からのお知らせ

2018年6月4日(月曜日)は臨時休診になります。また、6月9日(土曜日)の午前診を11時までとさせていただきます。11時には終わりたいので、受け付けは10時半までということでお願いいたします。ご不便をおかけしますがよろしくお願いいたします。

2018年3月20日から、ペット医療保険のアイペットクラブさんの加入者様の保険金窓口精算が出来るようになりました。
従来はアニコムの加入者様だけに対応していたのですが。窓口精算が2社について対応可能になり、より利便性が向上しました。

現在は、日曜日も休診となっております。その結果水曜日と日曜日、祝日が休診日になっています。

2017年まで振替休日は診療していましたが。2018年から振替休日を休診といたします。従業員のワークライフバランスを適切に管理して、質の高いお仕事を提供するためにご協力ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

院長ブログ新着情報

詳しくはこちら
2018年6月1日 未去勢犬の精巣腫瘍 昨年から未去勢牡犬の精巣腫瘍の症例が続いています。 昨年夏から1年弱の期間で、大方7例ほど手術したでしょうか? 精巣腫瘍の多くは、片方の精巣...続きを読む
2018年5月11日 ウェスティーの皮膚病の1症例 2ヶ月前に初診の、少し離れた街から来院されているウェストハイランドホワイトテリアのもうすぐ9才になる女の子の話しです。 昨年8月(初診の7ヶ月前)から脱毛...続きを読む
2018年4月6日 犬の急性フィラリア症の手術 先週土曜日に、柴犬が急性フィラリア症を発症したのだが。近医では内服薬を処方されただけなので、グリーンピース動物病院で手術して欲しいと、午後に電話がありまして。 ...続きを読む

20年以上の実績で、根拠に基づいた安心の初期医療を徹底

豊富な実績はありますが、なんでも出来るとは言いません。

正直、獣医師1名の動物病院で全科診療を目指せば、
限られた時間と施設で出来る内容は限定されたものとならざるを得ません。
当院が目指している獣医療は、基本的なことを見落とさず、根拠(エビデンス)に基づいた安心の初期医療です。

動物や疾患の状態からより高度な獣医療が必要と判断される場合には、その分野の専門医や高度医療センターに紹介する事を方針としています。
※必要に応じ付き添いや動物病院・獣医師同士の連携を適宜行います。

豊富な実績はありますが、なんでも出来るとは言いません。

その動物のライフステージに応じた健康管理をお手伝い致します。

動物も私たち人間と同じように赤ちゃんの時期があれば、元気な青壮年期や身体の機能が衰えてくる老年期もあります。犬や猫は人間の約5倍のスピードで一生を駆け抜けて行く生き物です。

私たちはその動物の一生を、ライフステージに応じた健康管理でお手伝いして行きたいと考えています。 飼い主様と動物たちのためのホームドクターとして、安全・安心の獣医療がグリーンピース動物病院の使命です。

その動物のライフステージに応じた健康管理をお手伝い致します。

診療方針

  • 診療科目・料金
  • 定期健診のご案内
  • よくあるご質問

病気かな?と思ったら

ワンちゃん、ネコちゃんの様子がおかしい?

思い当たる方はすぐチェック!

  • おしっこの回数が増えたのですが?
  • 目ヤニが最近多くなったのですが?
  • 寝ている時に、急に大きな息をします?何か悪いの?
  • 今まで吠えなかったのに、最近よく吠えるようになりました。どこか悪いの?
  • おしりを異常なほど舐めます。これっておかしいのですか?
  • 毛が異常に抜けるようになったのですが?
  • 今までにない鳴き声でなくように・・・。何か訴えかけているのでしょうか?
  • 便がずっとやわらかいのですが、食べ物がおかしいの?どこか悪いの?

続きは下のボタンをクリック!

  • 犬(オス・メス)
  • 猫(オス・メス)