ボランティア活動
院長ブログ
東播磨獣医師会
フェイスブックページ

ペットと皆様のより良い関係づくりを応援!

加古川のグリーンピース動物病院は、ペットの健やかで安心な生活づくりを通じて ペットと皆様のより良い関係づくりを応援します!
病気や怪我で苦しむ動物への診療はもちろんのこと
愛しいペットが病気にかかるかもしれない・・・と不安に感じる飼い主様に対しても 予防方法や病気の正しい知識をお伝えする事で心のケアにも努めています。
「あれ?いつもと違うかも?」と思ったらお気軽にご来院下さい。

グリーンピース動物病院からのお知らせ

10月29日金曜日午前診は院長の病気治療通院のために臨時休診とさせていただきます。ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

院長の病気治療のこれからの予定を記載します。

まず、11月7日から14日まで、入院して点滴投薬が必要とのことで。この間は臨時休診となります。

その次は、なお、11月15日から12月3日まではお昼の休診時間に毎日通院しなければなりませんので、土曜日以外には避妊や去勢の手術をすることが出来ません。また、病院での診療が長引く日は、午後診開始が少し遅くなる可能性があります。遅くなりそうであれば動物病院にこまめに連絡を入れるようにします。

最後に 12月5日から12日まで入院して点滴投薬するために臨時休診となります。

一応これがひと通り終了したらこの度の病気は根治出来るということです。皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

 

コロナウィルス対策としての当院での対応を以下の通りにさせていただいております。ご来院の皆様には、ご理解ご協力よろしくお願いいたします。

1、発熱や咳、身体の痛み、味覚異常などの症状がある方は来院を控えて、症状のない代理の方が動物を連れて来られるようにお願いいたします。

2、混雑を避けるために、動物1頭につき同行者1名を原則とします。保定のため等で複数名必要な場合には、必要最小限の人数でお願いいたします。

3、院内では人間はマスク着用をお願いします。玄関ドアの横にアルコール消毒液スプレーを置いていますのでご使用ください。

4、受付後診察をお待ちする間は、自動車内でお過ごしください。院内で待たれる場合は他の方とは間隔を空けて、ソーシャルディスタンスの確保をお願いします。

5、小型の動物はケージに入れてお連れ下さい。中型犬以上のサイズの動物はその限りではありません。

 

7月1日より、容器包装リサイクル法の改正が実施されますので、当院でもレジ袋については1枚5円徴収させていただくことになります。地球環境保全のために、マイバッグ持参するとかでご協力下さいますようお願い申し上げます。

 

 

院長ブログ新着情報

詳しくはこちら
2021年10月8日 柴犬の痒みを伴う皮膚炎 もうすぐ7才になる柴犬の男の子の話しです。 4ヶ月前から最初は背中の皮膚が痒くなって毛が抜けて来たという事で、最初は近医に受診して。 抗生物質とステロイ...続きを読む
2021年6月8日 犬の健康管理(子犬の病気予防)子犬を飼われた方は是非お読み下さい。 犬の健康管理 子犬の病気予防 犬の健康管理一般を、一部には子犬を繁殖する場合や子犬を入手した場合も含めてまとめてみました。記憶に残りやすいように画像も掲載...続きを読む
2020年12月19日 犬のゴム風船誤嚥 昨日の事ですが。もうすぐ1日も終わりという頃に、初診のイタリアングレイハウンド男の子が、約1時間前にゴム風船を食べてしまったということで受診されました。 ...続きを読む

20年以上の実績で、根拠に基づいた安心の初期医療を徹底

豊富な実績はありますが、なんでも出来るとは言いません。

正直、獣医師1名の動物病院で全科診療を目指せば、
限られた時間と施設で出来る内容は限定されたものとならざるを得ません。
当院が目指している獣医療は、基本的なことを見落とさず、根拠(エビデンス)に基づいた安心の初期医療です。

動物や疾患の状態からより高度な獣医療が必要と判断される場合には、その分野の専門医や高度医療センターに紹介する事を方針としています。
※必要に応じ付き添いや動物病院・獣医師同士の連携を適宜行います。

豊富な実績はありますが、なんでも出来るとは言いません。

その動物のライフステージに応じた健康管理をお手伝い致します。

動物も私たち人間と同じように赤ちゃんの時期があれば、元気な青壮年期や身体の機能が衰えてくる老年期もあります。犬や猫は人間の約5倍のスピードで一生を駆け抜けて行く生き物です。

私たちはその動物の一生を、ライフステージに応じた健康管理でお手伝いして行きたいと考えています。 飼い主様と動物たちのためのホームドクターとして、安全・安心の獣医療がグリーンピース動物病院の使命です。

その動物のライフステージに応じた健康管理をお手伝い致します。

診療方針

  • 診療科目・料金
  • 定期健診のご案内
  • よくあるご質問

病気かな?と思ったら

ワンちゃん、ネコちゃんの様子がおかしい?

思い当たる方はすぐチェック!

  • おしっこの回数が増えたのですが?
  • 目ヤニが最近多くなったのですが?
  • 寝ている時に、急に大きな息をします?何か悪いの?
  • 今まで吠えなかったのに、最近よく吠えるようになりました。どこか悪いの?
  • おしりを異常なほど舐めます。これっておかしいのですか?
  • 毛が異常に抜けるようになったのですが?
  • 今までにない鳴き声でなくように・・・。何か訴えかけているのでしょうか?
  • 便がずっとやわらかいのですが、食べ物がおかしいの?どこか悪いの?

続きは下のボタンをクリック!

  • 犬(オス・メス)
  • 猫(オス・メス)