兵庫県加古川市|グリーンピース動物病院 の 内服するノミマダニ駆除薬について(院長私見なのでそのつもりでお読み下さい)
院長ブログ

内服するノミマダニ駆除薬について(院長私見なのでそのつもりでお読み下さい)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

この数年前より、ノミやマダニの駆除のトレンドは、内服薬による防除ということだと思いますが。

まず、出たのがコンフォティスという、月に1回の内服で、ノミとマダニの寄生が防げるというお薬でした。成分はスピノザドという名称です。

コンフォティスは、その後ミルベマイシンオキシムというフィラリア予防と腸内寄生虫駆除が出来る成分と合剤になって。

20151222panoramis

画像のような多機能の予防薬となって、2015年より使われるようになっております。

その次に、出たのが。日本全薬工業より、2014年発売し始めた、ネクスガードという内服型のノミマダニ駆除薬です。
これも、1回の内服で1ヶ月間の防除が可能であるということと。全薬さんが強調していたのは、ご褒美に使えるほどワンちゃんの嗜好性が高い(美味しい)ということでした。

20151222neksuguard

確かに、スピノザド製品は美味しくないのか。コンフォティスもパノラミスも、食べてくれない子がいたり。食べた後吐いてしまう子がいたりします。
ネクスガードは嗜好性が高く与えやすいというのが大きな売りみたいです。

画像のネクスガードスペクトラは、やはりミルベマイシンオキシムとの合剤にして。ノミマダニ防除、犬フィラリア症予防、腸内寄生虫駆除が出来るという多機能製品として販売している物です。

2015年秋より。今度は1回の内服で3ヶ月間ノミマダニ防除が出来るというブラベクトという製品が発売されるようになりました。

20151222burabect

この製品も、2016年からは、フィラリア予防、腸内寄生虫駆除の機能を付加して多機能予防薬として発売される予定です。

確かに、便利な時代になったことであります。

ただ。飼い主様のご要望に応じてそれらの薬剤を処方する立場の獣医師として。これらの製品をどういう風に見ているのかと申せば。

正直、本当に安全な製品なのか?という素朴な疑問を感じています。

多機能合剤に仕上げるために添加している、フィラリア予防や腸内寄生虫駆除の機能を持つミルベマイシンオキシムは。もう長い間獣医臨床の分野で使われて来て。安全性有効性にいささかの疑念もありません。
しかも、このお薬は内服して約1日でほとんどの成分が体外に排出されてしまう。ごく短時間体内で作用を発揮するだけの薬剤です。

しかし、ノミマダニ防除の成分の方は、どうか?というと。1ヶ月有効の薬剤は少なくとも1ヶ月間。3ケ月有効の薬剤は3ヶ月間。ノミやマダニを殺せる強力な有効成分が、血液の中で効力を発揮するに十分な濃度を保って体内を循環し続けているということなのであります。

比較的薬剤に弱いノミはともかく。マダニという寄生虫は、非常にしぶとく生命力の強い節足動物です。

そんな強力な虫を殺せる強い薬が、与え方によっては年がら年中、それも犬の一生を通じて、犬の血液中に循環し続けるというのを、消費者たる飼い主様はどう考えるのでしょうか?

私が獣医師をやっていく上で心掛けていることは。少なくとも自分の犬猫にしてあげたいことを、来院する犬猫たちにしてあげようということであります。

人間、自分がされて嬉しいことは他人にしてあげる。そして、自分がされて嫌なことは他人にもしない。とういうスタンスが、生きていく上で大切なことだと考えているからです。

今まで便利だからとか、治るからという理由で、いろいろな予防薬とか治療薬がこの業界に出回って来ましたが。

中には、当初の予想とは違って、副作用発現の頻度が割りと高い製品もありました。年に1回の注射で犬フィラリア症を予防出来るという、フィラリア予防注射などがその例です。

人間のお薬では、サリドマイドというお薬が上肢の形成不全の新生児の原因となったり。比較的安全とみられている漢方薬でも小柴胡湯というお薬が、間質性肺炎の原因となったりと。

薬の歴史は、医学獣医学の発達という正の側面もありますが。副作用という負の側面もあるということを忘れてはならないと思います。

グリーンピース動物病院にお薬の説明に来られるメーカーの方のお話では。どの製品も厳しい安全基準に基づいた安全性試験を合格した良い製品だということですが。

コンフォティス、パノラミス、ネクスガードなどは、繁殖に使用する犬には使用しないようにと能書きに明記してありますし。
ブラベクト錠は、海外では繁殖に使用する犬への制限は無いように聴いてますが。国内で購入する製品に添付している能書には、慎重投与と書いてあります。

外部寄生虫に対する防除薬としては、代表的なものに、フロントラインとかマイフリーガードのような背中の皮膚に滴下するタイプのものが別にありますが。これらは、基本的に体内に入って血液中に薬剤が高濃度に循環するということは無くて。体表にとどまっているという薬剤動態を示すものです。

有効成分が長期間体内で血液中を循環する外部寄生虫駆除薬として、今まで私が例外的に使用している製品には、レボリューションというお薬がありますが。これは、海外での使用開始から勘定すれば、既に⒛年くらいの副作用をほとんど聴かない形での使用実績がありますので。安全性については問題無くなっていると判断してのことであります。

20151222revolution

 

そんなわけで。今のところ、私はパノラミスやネクスガード、ブラベクトのような製品は。一応仕入れてあって、強く希望される飼い主様とか、マダニ寄生の激しい症例で、副作用の恐れよりもマダニによるバベシアやダニ熱などの感染の危険性が著しく高いと考えられる症例には処方することもありますが。

私の方から積極的にそれらのお薬を飼い主様にお勧めすることは当分無いと思います。

獣医療の世界でも、新薬が発売されて数年後には、副作用情報が出て来ますから。その情報に注視しておいて。もしかすると、何十万頭何百万頭の使用経験により、副作用の無い、あるいは著しく少ない良いお薬であると証明された暁には、お勧めするようになるかも知れません。

それまでは、ノミやマダニの防除は、しばらくの間フロントラインとかマイフリーガードのような滴下剤を使用していくつもりであります。

ではまた。