兵庫県加古川市|グリーンピース動物病院 の 09/03 自分の病院受診
院長ブログ

09/03 自分の病院受診

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

先々週の水曜日に、神戸市内のクリニックで脳動脈瘤が出来ているから手術を受けた方が良いと言われまして。

本日紹介状とMRI画像の書き込まれたCDを持って、神戸市はポートアイランドという巨大埋立地に立地する神戸市立医療センター中央市民病院という大きな病院に受診しました。
グリーンピース動物病院は午前診は臨時休診です。皆様ご免なさい。

この病院には、神戸市で働いていた頃、何の病気でだったかは失念しましたが、昭和58年にかかった経験があります。あの頃は若かったなあ。

受け付けで票を機械から取って待つのですが。なかなか順番が来ませんでした。
何とか済ませると、首からぶら下げる機械を渡されて、脳神経外科の受診予定が12時になるから、約30分前にはこの機械に連絡するので、脳神経外科の診察室前に行くようにと言われました。

午前8時50分頃に受け付けに並んで、この時点で10時前です。時間があるので何処かに見物に行きたいのですが。さすがに本土に戻っては時間がかかり過ぎでしょう。かと言って、埋め立て地の事情には不慣れですから、通路にある空いたソファーに腰かけて持参した動物行動学の本を読むことにsました

しかし、首からぶら下げていた機械がピロピロと鳴って、もうすぐですよと言ってくれたのが午後1時40分頃。

実際に名前を呼ばれて、神の手と言われる高名な先生の診察を受けたのが2時40分頃でした。

先生は、しかし、持参した画像を見ながら。「これくらいだったら、まだ小さいし、様子を見ていても良いんじゃないかなあ?」なんて言ってます。

しかし、紹介状に書いてある家族歴に、兄、父、祖父と総て脳出血で倒れているという記載を見て。考え直してくれたみたいです。

「まだ小さいとは思いますが。家族歴が高率に脳出血を発症しているということですから。MRIよりはるかに精細な画像が取れる血管造影をして、手術の適否を判断しましょう。」

と言われました。

訊けば、血管造影は2泊3日かかる検査だそうです。

それから、入院前の血液検査、心電図検査、胸部エックス線検査を行なって、入院申込書で必要書類を記載して、料金支払いまで終わったのが午後4時10分過ぎ。

大急ぎで加古川に帰って、午後診に来られている患者様の診察を始めることが出来たのは、午後5時半をとうに回った頃でした。

待っておられた皆様、どうも済みませんでした。そして、留守を守ってくれた動物看護師さんたち、有り難うございました。

今日は、実は、私の島根県は隠岐の島の実家に預けていた佐賀県の地犬のマルが子宮蓄膿症疑いで急遽こちらに姪によって連れて来られていたのを、動物看護師さんたちに残業を命じて、緊急で手術を行なったので、普通の倍疲れました。

血管造影の検査の予定は、現在のところ全く判りません。何でも神戸市中央市民病院は、いきなり電話で「明日入院」と来るらしいです。

入院受け付けで、せめて数日前には連絡をくれるよう交渉しまして、何とか4日から5日まえには電話連絡をいただくようになりましたので、次回患者様にご迷惑をおかけするのではありますが。
混乱が生じないように手配する時間は何とか確保出来たとは思います。

しかし、それにしても、神の手先生、実は亀の手ではないことを祈念しつつ待つ日々を過ごすことであります。