兵庫県加古川市|グリーンピース動物病院 の 10/18 膵炎の子と筋間気腫の子のその後
院長ブログ

10/18 膵炎の子と筋間気腫の子のその後

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

日曜日から膵炎で入院しているミニシュナのマロンちゃん。治療をしているとどんどん良くなって来ています。

今日から普通に食事も摂るようになりまして。

血液検査の結果も、ほとんどですが、問題無い状態まで改善して来ました。検査データの一部を掲載してみます。

明日の朝には静脈輸液を終わりにして、夕方には退院という予定で頑張っています。

とりあえず、助かったようで嬉しいです。

後は、再発させないように、食事管理に注意していただきたいと思います。

右脇腹の筋肉の間に気体が溜まって痛みのあったチワワのモモちゃんは、今日で投薬開始から1週間経過しました。

飼い主様は、モモちゃんを抱っこする時にすごく気を使って、脇腹に力がかからないように心掛けているということで、現在は痛がる様子は見られないとのことでした。

一応エックス線検査を行ないました。

まず全体像です。

気体が溜まっていた部分の拡大です。

念のために、1週間前に気体が溜まっていた部分の画像も掲載してみます。

 今日の写真では気体の貯留は消失している、あるいは消失しつつあるという感じでした。

もう1週間内服を続けてから、終了にしてみたいと思います。

しかし、秋が深まって来るに従って、閑になって来ましたね。経営の方面がちょっと心配です。

ではまた。