兵庫県加古川市|グリーンピース動物病院 の ヨークシャーテリアの乳腺腫瘍摘出術
院長ブログ

ヨークシャーテリアの乳腺腫瘍摘出術

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

この夏は本当に暑かったです。ブログの更新をサボっていたのは暑さのせいでもないのでしょうが。
仕事はいつものペースで淡々とこなしておりまして。

夏の終わり頃にはチワワちゃんのブドウ中毒による腎不全を診察したり、それなりにネタは無いわけではなかったのですが。
とにかく執筆意欲が湧きませんで。

診療内容については、随分長い間の放置になってしまいました。

今日は今日とて。高齢ヨークシャーテリアの乳腺腫瘍摘出手術がありまして。手術の後外来が全くと言って良いほど来ませんので、何とかパソコンに向かっております。

この乳腺腫瘍は、発見が4年半前だということで。最初に診てもらった獣医さんは、放置してても大丈夫だと言い切って何にもしてくれなかったそうです。

次に転院した先では、手術は必要だが、今はワンちゃんの体調が悪くてタイミング的に出来ないということを言い続けて。結局発見から4年半も放置されたままで。腫瘍のサイズも随分大きくなってしまってました。

この飼い主さんのお父さんは、亡くなる前はアマチュアカメラマンとしてビデオ撮影とか撮影した動画のマスコミ投稿とか熱心にされておられてまして。私がエアデールテリアを飼育し。訓練や繁殖を行なっていた頃に。縁あって犬のビデオ撮影や編集を依頼したことがあったのです。

その縁もあり。ワンちゃんが乳腺腫瘍で困った状態になった時に、お父上と私の縁を想い出されて、遠く阪神間の街から神戸を越えて加古川まで来院されたということでした。

来院されたその日に手術の話しをして。同意を得たので。術前検査として院内の血液検査。血液凝固系検査の外注。胸部腹部のエックス線検査。コンピュータ解析装置付き心電図検査をきちんとやりまして。

本日朝からお預かりして午前中は静脈輸液を実施してコンディションを整えて。
午後から全身麻酔をかけて。左乳腺は全摘出をして。右乳腺は第3から第5まで摘出し。併せて卵巣子宮全摘出までやりました。

切り取った乳腺は病理検査に出しました。

ワンコは麻酔からの覚醒もスムーズで、状態すこぶる良いので、当日退院して帰っていただきました。

きちんとやればどうってことない手術なのですが。この子の場合、必要な時に必要な治療を速やかに行なってなかったことが問題だったと思います。
摘出した腫瘍が悪性だった場合。そのサイズが大きければ大きいほど転移の可能性が高いというのが定説となっているそうですし。

今回ちゃんと摘出手術をやりましたので。後は病理の結果が悪性でない事を祈りますし。仮に悪性であっても転移してないことを祈っております。

ではまた。