兵庫県加古川市|グリーンピース動物病院 の カルガモを放鳥
院長ブログ

カルガモを放鳥

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

最近ずっとブログを放置しています。書くネタはそれなりにあるのですが。精神的に疲れていて?こんなことになってしまっています。

数日前に傷病野生鳥獣として保護していたカルガモを放鳥しました。

1ヶ月以上前に付近に池も川も無い県道沿いの住人が、「道を歩いていて自動車に轢かれそうだ。」ということで、カルガモの雛が持ち込まれたのです。

若干疲労と飢えで衰弱気味でしたが、動物看護師さんのお世話を受けると元気回復し。鶏用配合飼料を食べて日々成長して来ました。

ここ最近、ぐっと大人びて来まして。飛べるようになりましたので。放鳥することにしたわけです。

鴨が多いことで近所では有名な池まで連れて行きました。当日は鴨は見当たらず。アヒルが池に浮かんでいました。

プラスチックケージに入れて連れて来たカルガモを自由にしてやります。

すぐに池に入って泳いでました。

野生のカルガモに出合えて、受け入れてもらえるのかどうか?食べ物を自分で見つけることが出来るのかどうか?すぐに鷹や狐などの肉食鳥獣の餌食になってしまわないだろうか?

いろいろ思うこともありますが。一応放鳥することが出来ました。

動物病院スタッフさんたちに感謝です。